2008年02月26日

驚愕の飲み物

妖怪珈琲&目玉おやじ汁

私は怖くて飲めませんでしたが、主人は ためらうことなく飲んでいた・・・^^;


posted by ちょびあ〜の at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲んだり食べたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

入浴シーン

おいら、連行されてアワアワされちゃったnya!


おいら、男前になっちゃうnya!

これでまた、とうさんかあさんにはモテモテだぜ!


posted by ちょびあ〜の at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ねこのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

お祝い

実家に行くと、従弟の結婚式で貰ってきたテーブルアレンジがありました。

うわぁ〜、きれいだねぇ〜、かわいらしいアレンジだねぇ〜^^

視覚的にものすごい癒されました♪


posted by ちょびあ〜の at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンゴー開花

育て始めて(正確には植えちゃってから)13年ほど経つマンゴーの木。
[関連したBlog]
冬は居間の窓際で存在感たっぷりな木です。
巨大な観葉植物と化したマンゴーは、現在2m位になり天井に届きそう^^;

少し前に、先端に新芽が出ているのを発見しました。
でも高いところにあるので、じっくり見ていませんでした。

数日前に、主人が「ひょっとして蕾じゃないか?」と言うものの、
「葉っぱだよ。この前からちょろっと出てきたけどチリチリして来たね。」と花を否定した私。





今、丸いものに気付いたので(まさか?)と思い、ソファによじ登って首を伸ばしてみると・・・・・・、
黄色いお花が咲いていました♪


「きゃ〜、お花咲いてるよぉ〜!^^!」と思わず握手を求める私。

「だから言ったじゃん!」と得意げな主人。


嬉しい。嬉しい。ほんとに嬉しい。
まさか、うちのマンゴーに花が咲くなんて思ってもみなかったわ。
良い事ありました♪


posted by ちょびあ〜の at 19:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

がんばってるきみへ

お友達のYちゃんからメールが来ました。
Yちゃんがプレゼントされた絵本のメッセージがとても気に入ってるようで、ちまちまと打って私に送ってくれました。

ちょっとだけ落ち込んでいた私の事なんて知らない彼女からの思いがけない内容にビックリ。


「いつもきみのこと 応援してるよ」
という事が優しい表現で書かれていました。


あ〜、なんてタイムリーなんだよぉ。
このメールを読んでポロポロしてしまいました。


posted by ちょびあ〜の at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初コメダ

近くにオープンしたので、お友達のHちゃんと行ってみました。

なるほど・・・。


posted by ちょびあ〜の at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲んだり食べたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分のために

長い事、嫉妬を受けています。
多分?まさか?・・・と思いつつも、ほったらかしにしていました。

最近は、仲の良い友達が、私に対する他からの嫉妬の件で心を痛めているので、そのことだけは「彼女たちを守って欲しい。」と理解者に頼みました。


もちろん私自身は、嫉妬に関しては ばかばかしくて相手にしたくないので平気だったのです。
が、気丈にしていても疲れがたまったのか心細くなってきました。
今日は自分のために、自分を励まそう。
自分に対して応援するために「嫉妬」と検索して良いエネルギーをいただくことにします。




・・・・・・・・

・人があなたのことを悪く言う。それが真実なら直せばいい。それがウソなら笑い飛ばせばいい。(古代ローマのギリシャ人哲学者エピクテトス)

・中傷を受けない賢人よりも、中傷を受けても動じない賢人のほうが格が上だということを知っておいてもらいたい。(古代ローマの哲学者セネカ 『わが死生観』草柳大蔵訳 三笠書房)

・賢明な人は断じて中傷に左右されないのだ。それゆえどれほどたくさんの矢を向けても、賢明な人を射抜くことはできない。(前掲書)

・人から妬(ねた)まれてこそ、本物である。(中国の文豪 金庸)

・あなたに対する扇動の、いろんな嘘や中傷などについて、個人的な経験から、私がいちばん役に立つと思う忠告を一つ、しましょう。堂々としていることです!堂々たる落ち着きが、そういうことには唯一の武器です。(ノルウェーの劇作家イプセン 『イプセンの手紙』原千代海編訳)

・中傷は沈黙で応えるのが最善。(イギリスの劇作家ベン・ジョンソン)

・『嫉妬とは何であるか?それは他人の価値に対する憎悪を伴う羨望である。』阿部次郎




・・・・・・・・

そうそう。笑い飛ばして、いちいち動じずに堂々としていることにします。
わたしは大丈夫!^^!


posted by ちょびあ〜の at 18:40| Comment(4) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

ニャンニャンニャンの日

うっかりしていましたが、2月22日は、ニャンニャンニャンでネコの日でしたよね。

ネコ缶を手に帰宅しました。

こうやって寄り添って頼りにしてくれるのが嬉しい瞬間なのです^^

ありがとニャン!


posted by ちょびあ〜の at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

贈り物

バレンタインデーは、日頃お世話になっている方々に、ほんの気持ちをプレゼントしました。
今までの人生で、これほど受け取った方に喜ばれた事はないというくらいに喜ばれて、正直驚きました。

OL時代には、義理チョコの数が大量でバレンタインは怖いイベントでもありました。
当時おじさまから、「お返しが大変だからいらない。」とボヤかれて、本命以外は ありがた迷惑なのかと思ったこともありました。
ホワイトデー前は、主人のお返しリストをメモして買物も大変でした。
主人へのプレゼントのお返しを家計費で買う現実・・・。

なので、基本的に限られた人にしかバレンタインはプレゼントしていませんでしたが、今年はその限られた人の数が増えてしまった^^;


さて、またお世話になった特別な方に、ちょっと遅くなりましたがGODIVAのチョコを用意しました。
この方にはGODIVAにしようと決めてからお店に行ったのですが、想像以上に予算オーバーになっちゃいました^^;
GODIVAは近頃いただくことも多かったのですが、いつも自分では食べずに義母やお世話になった人にお裾分けしていたのですが、これからは自分で感謝を噛み締めて食べようと思います。


posted by ちょびあ〜の at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | いろんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

同窓会

中学の同窓会に参加してきました。

幼稚園・小学校・中学校までは、ずっと地元学区の学校でした。
長い間一緒に過ごした仲間達と、本当に久しぶりの再会です。

だれ?だれ?と固くなった脳みそをほぐしながら、カッコよくなってたりキレイになった皆の今の顔の中に昔の面影を思い出し・・・^^
皆それぞれに色々な思いをして今まで生きてきたのだと分かって、自分も頑張らねばと思ったり。

楽しかったし、面白かった。
みんな笑顔で嬉しかった。

私は二次会で帰りましたが、お友達Tは五次会のA.M.5:30まで参加していたようです。
すごいパワフルママだ!^^!

企画・準備も大変だったことでしょうね。
幹事さんたちにも感謝です。
「楽しんで来いよ。」と快く送り出してくれた主人にも感謝です。


posted by ちょびあ〜の at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | いろんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。