2005年06月13日

今年初のホタル観賞

仕事帰りに、主人と蛍観賞のポイントへチェックしに行きました。

蛍の見れる期間は、G.W明けから梅雨までとか、お盆までとか。各地方で違うようなのですが、この暑さだし、近頃大きな雨も降っていないし、「今夜辺りいいんじゃないの?」っと、私の中の蛍レーダーが言い出したので出かけました。

現地(A地点:場所は○岡市○区○子)に着くと真っ暗闇の中で、蛍の光は見えないけど、車から降りてじっとしているカップル発見!
きっと、この二人はホタル見物の先客だろうと、横を通り過ぎるときは車のライトをスモールにしてその先のUターンポイントまで通り過ぎました。
 「おおーーーっ!いたいたあー、いっぴきぃ〜!!!」
・・・そのコは、すぐに見えなくなってしまいました。

さっきのカップルの所に戻って、思い切って声をかけてみました。
 主人:「どうですか?いましたあ?」
 彼女:「そうですよねっ。やっぱりココでいいんですよねっ。」
私たちも一緒になって、暗闇の森の中を目を凝らして見たのですがホタルの光は見えませんでした。

 主人:「本当は、向こう(B地点)の方が有名なんですよ。」
 彼: 「それは、どうやっていきますか?」
 主人:「それでは、先導しますよ。」
 私: 「いなかったら、すみませんね。先に言っときます。」
なぁーんてやりとりがありまして、見ず知らずのカップルとB地点に向かいました。
そのB地点とは、○岡市○子の「ほたるの里」です。
(あまり有名になりすぎると、付近住民に迷惑がかかると困るので○で。)
ホタルの幼虫の餌(カワニナ)などを撒いたりして、ホタルも放流しているのか、地元TVニュースでも毎年放送されるようです。見たことないけど。

さて、B地点に着き、適当なところで車を停めました。
うっほっほーい!今年は二回目の挑戦で、見れましたぁ(*^_^*)
その彼女も大喜びで、私の手を取りぴょんぴょん飛び跳ねてかわいらしいんです。
このB地点のホタル達、サービス精神旺盛で、近くに寄ってきてくれました。

写真は、割と沢山いた「ヒメボタル」だと思います。
光の感覚がピッ・ピッ・ピッと一秒くらいで速く、光の色は白っぽいのです。
目の前の木の枝に止まったところを携帯カメラで。やっぱり良く分かんないや。

MO1484610_0E.jpg

これは、二年前に見に行った時に、ちょうど主人の手に止まったところをパシャリ出来ました。
ゲンジボタルのようです。
FI1484610_1E.jpg

ゲンジボタルの光の間隔は、約三秒点灯後、約一秒休みの繰り返しのようでした。
光の色は、蛍光グリーンです。
ん?・・・そっかあー、そうでしたかー、だからケイコウって「蛍光」と書くんですね。
今気付きました!


おしりを点滅させながら、優雅に川沿いを舞う光景は、心が和みますね。

二年前に、ゲンジボタルが光っているところを携帯のカメラで撮影しました。
画像悪すぎでなんだか分かりませんねぇ。


その帰り道の車中で主人の話。
 「ホタルいたから良かったけど、いなかったら怪しいオヤジだって言われちゃうよなあ。
 『変な暗い道通らせて、アイツ嘘つきやがって。』って言われちゃうよなあ。いて良かったよ、ホタル。」

笑えました。
FI1484610_2E.jpg
posted by ちょびあ〜の at 23:32| Comment(0) | TrackBack(2) | 自然のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ほたる状況
Excerpt: [関連したBlog] またまた、仕事帰りに同じ場所に行ってみました。 舞っているホタルは一匹も発見出来ませんでした。 絶対いるはず!という根拠のない自信があって、茂みの中を目を凝らして見てみたら、ボ..
Weblog: ちょびあーの
Tracked: 2005-06-25 21:17

蛍の光♪
Excerpt: 先日からマイブームの蛍鑑賞。 一人でも仕事帰りにチェックしてしまう自分が照れくさくもあります^^; 昨日はお友達を誘って行ってきました☆ 源氏蛍が多く舞ってました。 見物客も多かっ..
Weblog: ちょびあーの
Tracked: 2009-06-02 22:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。