2007年04月27日

思い出したこと

えんさんのblog(関連Blog)へTBです。

少し前のニュース「JR車内での強姦事件」、被害女性の気持ちを思うと本当に気の毒です。息苦しくなりました。心の傷が癒されますようにお祈りします。

これをきっかけに苦い過去を思い出しました。
私の場合は強姦ではなく痴漢の範囲で、しかも情けない経験ですが、これを書こうと思いました。


・・・もう随分と前の話です・・・(私も若かった)
毎日ワンマンバスで仕事場に通っていました。
その日は、とても体調が悪く、バス車内の座席に腰掛けてからは、壁にもたれかかりグデーっとなっていました。

目的地まであと半分位の地点で、数人しか乗っていない車内に携帯電話のベルが鳴り響いたままでした。
気持ち悪いながらも、(誰の携帯?早く出るなり止めるなりしないと・・・。あ゛〜、気持ち悪いぃ〜・・・・)などとノンキに思いながら、左脇に抱えていた荷物がズレ落ちそうになるのを直そうとした時に、自分の膝の上に置いた荷物が目に入りました。

その「ズレ落ちそうな荷物」とは、“私の胸を触っていた後の座席の他人の手”であった事に気付きました。
体調が悪いから、頭の回転も頗る鈍っている状態ですので痛い思考回路です。
私の胸の横にある手は痴漢の手だとハッキリ確信できるまでには数分かかっています。情けないです。

携帯の音が止まった後も、もう私には触れていなくても不自然な近さにある手を見て、「誰か気付いて!」「誰かに言わなきゃ!」とドギマギ焦る私。声が出ないのです。
見回しても誰とも目が合わない。怖いから後も向けない。

そして停留所を過ぎる毎に乗客が増え、私の真横には男性が座りました。
(この人に言ってみよう。)と、横の男性に目を向けると・・・、Ah・・・893さん・・・。
降車の際には痴漢の姿を頑張って確認したもののドライバーさんにも言えず、結局何も出来ずに、悔しく情けなくどうにもできない思いだけが強烈に残った日でした。
恥ずかしい。何も出来なかった自分が嫌でたまりませんでした。

その痴漢、きちんと整髪した白髪の大きな顔・背広を着用し立派なお仕事をされているような風貌に見えました。
こんなお偉い感じの人が?そんな事しそうに見えないのにという感じです。

スキのある自分に腹が立ちました。
その日、主人からは、「尖った物を持ち歩くように&髪型を変えるように。」と注意されました。
ボールペンなどを直ぐに取り出せるバックのポケットなどに入れて、今度その手が来たら思いっきりブスッと刺してやる。(正当防衛になるのでしょうか?)







・・・
後日、同じ痴漢と乗り合わせてしまいました。(始発の停留所なのです。)
痴漢は少し離れた席に座るのですが発車直前に移動し私の真後ろに座るので、バスが走り出し暫くしてから痴漢よりもかなり後ろに座るようにしました。

何度かこのような状況がありましたので、私は狙われていたのだと思いますが、“私はアナタを痴漢だと気付いているから無駄だ!”という事をハッキリ態度で現したつもりでした。
“コイツ犯人だ。今度見つけたらタダじゃおかないぞ。ケーサツに突き出してやる!”

ある日、ふと気付くと他の女性を痴漢しているのを見つけてしまいました。
触り方は一緒。しかも、女性は気づいていない。(これも一緒。)
バスの振動に合わせて手を伸ばしているんだろうか?
車内を見渡すと私だけしか気付いていない状態。
頼りになりそうな男性がいない。おばさまと子供だけしか乗っていない車内。(これも一緒だよ。(ToT)
あ〜、私しかいない。。。もう怖くて震えてしまう私。

被害女性には“早く気付いて!”と強く思い、“言わなきゃ言わなきゃ。”と焦り、やっとドライバーさんに言えたのは、痴漢・被害女性・私が降りる時でした。

「あの人痴漢です!」

ドライバーさんは慌てて追いかけようとしましたが、直ぐに見失い捕まえられなかったのです。
被害女性にも伝えられず(気付いていないままスタスタと歩いていってしまった)、呆然とする私は「何でもっと早く言ってくれなかったの!」とドライバーさんから激しく言われました。

「早く言えてたら言ってました!」と心臓バクバク泣きそうになりながら、
女性本人が気付いてない事、他のお客さんに言いたかったけど無理だった事、その痴漢は多分常習犯で若い女性の後ろに不自然に席を移す事、どの停留所で乗って来るetc・・・私が知ってる事を言いました。
それでも自分が触られた事があるという話は恥ずかしくて出来ませんでしたけど。
今考えると恥ずかしいのは私ではなく、痴漢の方ですよね。

ドライバーさんは態度が変わり、「会社に報告して、他のドライバーにも周知します。」と頼もしく言ってくれましたが。
モヤモヤが残る経験でした。

・・・


時は過ぎ、私もある程度の度胸は備わったと思います。
被害に遭うことはないでしょうが、もし痴漢を発見したら、直接は助けられなくても出来る範囲で行動をおこそうと思っています。


そういう痴漢や強姦などをしたい人は、そういうお店(イメクラでしたっけ?)に行って下さい!


護身術なども習えるキッカケがあるといいですよね。
交通安全週間みたいに痴漢撲滅週間もあれば、もっと意識が高まるかもしれませんね。


posted by ちょびあ〜の at 23:55| Comment(4) | TrackBack(1) | 記憶の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

妙なスゥーッ

少し昔、グラビアのお仕事に携わった事があります。
もちろん撮られる側ではなくて、タレントさんをお世話する方ですが・・・。

何年か前の今日も衣装のスタイリングのお仕事がありました。
カメラマンさんの事務所でタレントさんとスタッフが集合し、車何台かに分かれて
都内の某ハウススタジオへ移動しました。
たまたま、私はタレントさんと同じ車です。
色々とたわいもない会話をしながらの車中でしたが、何かヘンなものを感じていました。
そのタレントさん、抜け殻みたいだったんです。
大丈夫かしら?調子悪いのかな?私だけが違和感を感じてるの?

撮影は無事に終了しました。
「お疲れ様〜。」と、タレントさんにガウンを掛けてハグした その瞬間、
物凄い勢いで スゥーッ!
 ・・・あ、私 もらっちゃった・・・(直感)
目に見えない風のようなものは、生まれて初めての感覚でしたが、
直感でそのタレントさんに憑いていたものが、私に移動したのだと思いました。

その後、帰途に付くタレントさんの表情のスッキリ明るい事。
 ・・・やっぱり私に来ちゃったんだ・・・(率直な感想)



それから体中が重くて大変でした。ホントに人間の大人一人をおんぶしてる感じがして。
体調悪すぎ。。。
重い身体を引きずって通院しても改善せず、一週間が経過した頃、スッと軽くなりました。

翌週、その事をスタッフ達に話したら、「あ〜、お盆だったからね〜。」と言われてしまいました。(^ ^;


私はもともと、人から影響を受けやすいらしく、 人に言ってもヘンに思われるしホトホト困ってたのですが・・・。
近年、たまたまテレビ(こたちょだった気がする)で江原啓之さんを拝見してから、少しラクになりました。
人からのマイナスの想念などは卵オーラ法などでガード出来るようです。
江原さんに出会えて良かった。

posted by ちょびあ〜の at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

一年前の今日は大洪水

忘れもしない一年前の事です。

静岡市中部から南部地区は、朝から昼にかけての記録的な大雨に見舞われて大洪水。
我が家は被害に遭った地区で、その日は大遅刻でした。
月末の忙しい時に大変な思いをしました。

写真は、家の窓から撮ったものです。
宅配業者さん(?)のトラックが立ち往生、マンションの1階が床上浸水のようです。
道路も歩道も駐車場も泥水の川と化してしまい、大型冷蔵庫や色んなものが流れるのを窓から見ていました。

FI1561958_0E.jpg

道路よりも一段高くなっている駐車場から、出ようか出まいか悩んでいる車です。
「水没しちゃうよお。ストップ!」と心の中で叫んでいました。
・・・この運転手さんは十分位携帯で喋っていたみたいですが、結局諦めていました。

昼ごろに大雨が止み、水が引いてから、やっと家を出れました。
近くの大きな幹線道路にも立ち往生して動けなくなった車両が沢山でお気の毒でした。
TVの取材も来ていました。

その日に出勤出来たのは、午後三時頃。
とりあえず、この身が無事であった事に感謝しなくては・・・と思う出来事でした。
FI1561958_1E.jpg
posted by ちょびあ〜の at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

サイパンを思い出して

今朝、天皇、皇后両陛下がサイパン訪問のニュースが流れていました。

[記事:サイパンで両陛下が慰霊、沖縄・韓国の塔にも拝礼]



昔、サイパンへ旅行した時の事です。
観光のためにタクシーに乗ったときの女性運転手が、
「私たちは、日本人大好きです。日本はサイパンを良くしてくれた。・・・」
と、一観光客である私達に真顔で言ってくれました。

上手く説明できないのですが複雑です。

お決まりのように、バンザイクリフも回ったのですが、写真にはモヤモヤを白いものが写ってたし、夜は夢でうなされました。
きれいな海とお花を堪能するのは、とても心が癒されたけど・・・。

TVのニュースでこんな事を思い出しました。

posted by ちょびあ〜の at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。